とある講師の冒険譚

公立中学校教員をめざす講師の日々をつれづれなるままに…

MENU

【注意】「マスク熱中症」に注意!ー夏場のマスク着用のリスクと対策ー

f:id:teacherF3725:20200519153800j:plain

5月も半ば過ぎとなり各地では日中の気温が25度を超える「夏日」となる日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

5月といえば「初夏」のさわやかな印象があると思いますが、「夏日」が記録されて紫外線の量も増えてくると「熱中症」が心配な季節でもありますよね?

特に今年は新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、外出先でのマスク着用が必須となっていますからね (^o^;) ただでさえ例年より暑くなると予測されている中で、暑苦しいマスク着用をしながらだと「熱中症」の危険性は高まるはずです (@_@;)

そこで今回はこの「マスク熱中症」の危険性とその対策について書いていきたいと思う。

 

「マスク熱中症」の危険性

夏場のマスク着用のリスク

新型コロナウイルスが感染拡大する中で「熱中症の増加を心配する声が上がっている。「気温上昇に加えてマスク着用で熱がこもり「熱中症」のリスクが高まるのでは?」という懸念がある。

ただいくつかのサイトを調べても、マスクと熱中症の関係性については「研究情報がなく医学的にはっきりしない」と慎重な意見が多い。一方で、外す手間や近くの人への気遣いからマスクを取るのをためらうことで「水分を取らないケースにつながる」と心配する声もある。

では、具体的にどのようなリスクがあるのかをまとめていく。

 

リスク① マスク着用による熱ごもり

マスク着用で体内に熱がこもりやすくなる」ことは想像に難くない。

一般的に気温が高くなると体内に熱がこもりやすくなるため、人間の体には「体を冷やそうと汗をかいたり、呼吸で冷えた空気を体内に取り込もうとする働き」がある。

また、吐息がもつ熱をうまく外に発散することができずに体内にため込んでしまい、体温が上がってしまう場合も考えられる。

 

 

リスク② マスク着用による「かくれ脱水」

マスクをしていると口腔内の湿度が保てるため、のどの渇きを感じにくい。そのため、水分補給を怠っているといつの間にか「脱水」が進むことがある。いわゆる「かくれ脱水」である。「リスク①熱ごもり」による体温の上昇とこの「かくれ脱水」が熱中症の引き金になる可能性が考えられる。

f:id:teacherF3725:20200519175350p:plain

 

 

リスク③ 外出自粛による運動不足・体力低下

人間は屋外で日光に当たることで体が少しずつ暑さに慣れていき高温に強くなる。ただ今年は外出できない日々が続いているため暑さへの慣れが難しい。

それに加えて、外出自粛で部屋で過ごす時間が多くなり、運動不足になっている方も多いことでしょう。こうした「運動不足などによる体力の低下」によって熱中症にかかりやすくなると考えられる。

f:id:teacherF3725:20200519175524p:plain

 

 

考えられるリスク3つを挙げてみました。

緊急事態宣言が解除されて少しずつ普段の生活に戻りつつある地域もありますが、上記の3点に気をつけていただき、急な活動再開は避けてほしいものです (^o^;) 

 

 

「教えて!『かくれ脱水』委員会」の提言

「このまま熱中症シーズンを迎えたら、医療現場は崩壊します!」

全国の医師らでつくる「教えて!『かくれ脱水』委員会」(https://www.kakuredassui.jp/)は「医療崩壊を防ぐためにも熱中症対策を全国民で行う」よう緊急提言した。 

www.kakuredassui.jp

熱中症による救急搬送者が増えた場合、新型コロナウイルスの感染拡大で混乱している医療現場の危機がさらに加速すると指摘している。

同サイトでは熱中症予防のポイントを挙げながら「自分にできることをして、医療機関にかかる機会を最小限にしてほしい」と呼び掛けている。熱中症対策に関しては詳しく書かれているので一見の価値はあります!

 

 

「マスク熱中症」予防への対策

「マスク熱中症」だけでなく「熱中症」全般に対する予防策に関しては、多くの本やインターネット上のサイトなどで言及されているので、そちらを参照してください。

その中でも今回調べている中で分かりやすかったものをいくつか紹介しておきます!

 

本でおすすめなのはこちらです!

 

サイトではこちらが分かりやすかったですね \(^o^)/

app.dcm-gate.com

 

予防策に関しては以上です.

 

では、熱中症が疑われる場合におすすめなのは「経口補水液」です!
(※もちろん軽症の方に限ります!意識がない、嘔吐を繰り返しているなど重症な方は迷わず救急要請をしてください!)

私も部活指導で学校の体育館で2~3時間いた後に熱中症にかかったことがあるのですが、その際に保健室で「経口補水液」を服用し軽症で済みました(~O~;)

通常しょっぱくて飲めないものなのですが、熱中症にかかった際は「普通の水」のようにゴクゴク飲み干せましたね (^o^;)

 

この「経口補水液」は自分で作ることができます!

作り方はこちらを参照してください。

www.kakuredassui.jp

 

または自宅等に買い置きしておくのもいいですね\(^o^)/

 

熱中症にかかった際の応急キットも販売されているそうなので、自宅等に常備しておくのもいいですね \(^o^)/

 

最後に…

医学的には証明されていませんが「マスク熱中症」には気をつけたいですね!

特に学校現場は体育の授業や部活動などで毎年多くの児童生徒が熱中症にかかっていることを考慮し、少しでも子どもたちの異変に気づけるようにしなければならないですね (^o^;) 先生方の負担は増すばかりです……

また、高齢者の方々も心配ですね (~O~;) 高齢者は特に重症化しやすく、外出自粛の影響で人々との交流が減る中で一人暮らしの高齢者は熱中症で倒れた際に発見が遅れるなどの危険性もあります。地域の目も必要となってきますね!

 

今回は「マスク熱中症」について簡単にまとめてみましたが、少しでも皆様の参考にしていただければ幸いです。